東京・芝浦港南の個別指導塾ならTReGG(トレッグ) 習慣と継続と自立する心を育てます
top_query_22
練成会で培われた指導ノウハウ
TReGGは各地で大きな実績を誇る練成会グループ。独自の学習学習指導システムで子どもたちの学力アップを導きます。
自分専用のオーダーメイド授業
一人ひとりに合わせた最適なカリキュラムを提供します。
オーダーメイドだからこそできる自分専用の効果的な学習!
教育ITツールを徹底活用
プリント学習システム・タブレットを徹底活用したトレーニングを実施。
一人ひとりが自分のペースで学ぶことができます。

時にはひとつの教室に学校も学年も異なる生徒たちが集い、
同じ空間にいるライバルたちに刺激を受けながら、
また、時に刺激を与えながら、お互いに意識を高め合い学習する独自のスタイルです。
友人の、先輩の背中を見て、「よし、やるぞ」と自分を奮い立たせることができる。
他校の生徒や、先輩の熱い想いを感じて「負けてられない」と前進することができる。
TReGGは主体的な学習姿勢を引き出し、自ら進んで学ぶ生徒を育てます。




授業料が安い塾は指導の質が低いのではないか。個別指導の授業料は高いのが当たり前なのに…。後から追加徴収されるのではないか。年間トータルで考えると安いとは言い切れない・・・。そんな疑問をお持ちなら、是非、私たちの取り組みについてご一読ください。
「努力はきっとおもしろい!」という精神のもと、「正しく学習すれば必ず分かるようになり、分かるようになると嫌いだった勉強が楽しくなって来るものだ」ということを、一人でも多くの子ども達に実感してもらいたいと私たちは考えています。そこで、通いやすさを求め、少しでも家計のご負担を軽減したい、できるだけ安い費用で質の高い指導を実現させたい、と立ち上げに際して検討を重ねて参りました。子どもたちに努力のおもしろさを説くのですから、私たちも企業として努力しなければなりません。開校にあたり、机や椅子などの什器備品や各種印刷物をはじめ、取引企業の皆様に主旨を説明し、ご協力頂きました。また、私たち自身も見栄を張らず、不必要なお金は使わず、余計なコストはかけないよう精査し、料金体系を作り上げました。
また、夏・冬・春の講習会(私たちは季節の集中トレーニングと呼びます)の費用は、時間数を増やした分の授業料だけと明確な設定となっておりますので、ご予定に合わせて設計することが出来ます。
(例:夏の場合 6コマ300分増~48コマ2,400分増)
今後も、通ってくれている生徒・保護者の皆さんが最優先であると考え、質の高い指導を安心料金でご提供し続けられるよう、企業努力を惜しまず、運営して参りたいと考えております。




私たちは個別指導型の塾ではありますが、最終的には、「自ら課題を見つけ、その課題解消に向けた計画を自らが練り、その手段を考え、実行し、その成果や結果を自らで検証する」という方法を身に付けてもらいたいと考えています。これこそが本来の「自立」学習であり、時間はかかるでしょうが、このサイクルを実社会に出る前に体得してもらい、学習面だけでなく人間的にも成長してほしい、と願っています。この趣旨にご賛同頂けた方々に対し、「質の高い指導をできるだけ安い費用で」を実感して頂くためにも、「何らかのメリットや特典」が必要ではないかと熟慮のすえ、ご用意したのが経年割引制度です。1年経過毎に月額授業料が5%割引になる制度で、最大は4年経過後の20%割引です。授業料が一番高い中3で経年割引制度をフルに利用するなら、小5の4月迄の入会をお勧めします。ちなみに中3の週2回Bコースですと、月額で5,000円以上の割引となります。




授業映像の仕組みは多々あります。家庭でもさほど費用をかけずに視聴できるものも増えて来ました。その中で私たちがあえて「映像」を使うと決めたことには理由があります。
第一に、人間が教えるのと違い、同じ表現、同じ方法、同じペースで教え続けることが出来るからです。好きな映画やアニメ等の作品を何度も何度も繰り返し視聴することで、場面やセリフを憶えてしまったという経験をお持ちかと思います。映像授業は繰り返しを嫌がりませんし、感情の変化もありません。「何度言ってもまだ分からないのか」と苛立つこともありません。理解に至る道筋は一人ひとり異なりますし、要する時間にも個人差はあるものです。それを承知した上で、学習内容を理解し、自分のものとしてもらえるよう導いて参りたい。それが授業映像を使う理由の一つです。
第二に、3倍速・4倍速で視聴することによって脳を活性化させる「速聴」効果が得られるのと同時に、単元知識の習得時間(いわゆる授業時間)を短くすることが出来るからです。覚えたことが再現できなければ習得したとは言えませんし、習得した知識を使いこなす(活用する)ことができなければ、定着したとは言い切れません。習得に要する時間を短くし、定着させるための時間を多く確保することが成績向上への近道です。知識はあるのにうまく使えない、同じパターンには強いがイレギュラー対応は苦手、という人が増えています。それは、習得に時間をかけ過ぎて定着に必要な時間が十分に確保できず、パターンの記憶で応用領域を乗り切ってきたことが理由の一つかもしれません。私たちは、知識は映像を利用して効率良く習得し、問題集やプリント等で色々な問題を数多く解くことによって定着させ、その上で正解を目指し思考する、という学びのサイクルが重要だと考えています。日々の学びを通して、その習慣を身に付けてもらいたいと願っています。




           
練成会グループ
Copyright(C)2019.Tokyo-Renseikai.All Rights Reserved

▲ページTOPへ